Columnコラム

圧巻の風景を間近で満喫!ドライブデートにおすすめな関西エリアの紅葉名所4選[DiNO LIFE]

今年は残暑が長引いたこともあり、例年に増して秋が短く感じられます。いよいよ関西エリアも紅葉が見頃の季節を迎えました。市街地にいても、日に日に寒さが強まるとともに街路樹が色づいていきますが、名所といわれるようなスポットの紅葉はまったく別物。仕事にキリをつけて、少し遠くまで足を伸ばして、この季節ならではの絶景を楽しんでみませんか?そこで今回、週末のドライブデートに最適な関西地方の紅葉名所を4つピックアップしてご紹介します。

高源寺(兵庫県)

高源寺は由緒ある禅宗寺院で、兵庫屈指の紅葉スポットとしても知られます。鎌倉時代にこの寺を建立したといわれる遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師が、中国から持ち帰ったとされる「天目カエデ」がとくに美しく、必見です。深々と頭を垂れる紅葉したカエデが境内を埋めつくすかのように色づく様子は圧巻。11月3日(日)の山開き安全祈願式では、琴や民謡が披露されるほか、甘酒が無料でふるまわれます(先着200人)。

・住所:兵庫県丹波市青垣町桧倉514
・アクセス:北近畿豊岡自動車道の青垣ICからおよそ10分です。100台の無料駐車場があります。
・見頃:11月上旬~11月下旬
・HP:高源寺

圓光寺(京都府)

圓光寺は、1601年創建。徳川家康が伏見に開いた学問所が1667年に今の場所に移されました。本堂前に水琴窟(音を反響させる仕掛け)があり、美しい音を聞きながら、庭園の枯山水と燃えるような紅葉のコントラストに酔いしれることができます。境内からは北山や嵐山の紅葉も楽しむことが可能です。

・住所:京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
・アクセス:名神高速道路の京都東ICから三条通と白川通を通っておよそ30分です。30台の無料駐車場がありますが、11月は使用できないため、近隣のコインパーキングをお使いください。
・見頃:11月中旬~12月上旬
・HP:圓光寺

鶏足寺(滋賀県)

鶏足寺は、かつて己高山の山頂付近にあった寺で、その別院に当たる飯福寺をその名で呼び、整備・保存されています。モミジなどおよそ200本の木がさまざまに色づき、静けさが漂う境内を美しく染めます。とくに大門跡から見る参道の紅葉が見事。地に落ちた紅葉が赤い絨毯のように見える、珍しい光景が楽しめます。紅葉散策期間(今年は11月9日から27日)には、200円の紅葉散策協力金が必要です。

・住所:滋賀県長浜市木之本町古橋
・アクセス:北陸自動車道の木之本ICからおよそ10分。240台の無料駐車場あり。11月9日(土)から27日(水)までは臨時駐車場も設置されます。紅葉散策期間中、土日祝のみ北近江リゾート臨時駐車場からシャトルバスが出るのでそちらもご利用ください。
・見頃:11月中旬~11月下旬
鶏足寺

箕面大滝(大阪府)

箕面大滝は、落差33メートルもある名瀑で、「日本の滝百選」にも選定されています。その様子が農具の「箕(みの)」に似ていることからその名があり、地名の由来ともなっているのだとか。とくに秋の景色は美しく、白く猛々しい姿とコントラストをなす色づく紅葉に時間を忘れて見入ってしまうほど。

・住所:大阪府箕面市箕面公園
・アクセス:名神高速道路の茨木ICもしくは吹田ICからおよそ30分。新名神高速道路の箕面とどうみICからならおよそ20分です。70台収容の有料駐車場あり(1,000円)。
・見頃:11月中旬~12月上旬
箕面大滝

まとめ

ほんの少し足を伸ばせば、市街地では決して見ることができない美しい紅葉を見られるのが関西エリアの魅力です。秋は美味しいものを楽しむのにも、美術館巡りをするのにも最適な季節ですが、一面の木々が美しく色づく景色が見られるのは今だけ。ぜひ大切な人を誘って、一生モノの感動をシェアしてみてはいかがでしょうか。


デートの前の乾燥肌ケアにオススメ

乾燥する季節も清潔で潤いのある健康的なオトコ肌をキープするならDiNOMENトラベル&トライルスキンケアセットはいかがでしょう?
洗顔・化粧水・保湿ジェルの3アイテムが約2週間分セットになったお試し&旅行用キットです。
ご自宅でも旅先でもいつものスキンケアで身だしなみを整えよう!

トライアル&トラベル スキンケア セット

どんな場面でも隙のない男肌

旅先でも凛々しい男肌へ

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP