Columnコラム

乾燥していくシーズンに向けて~ヘアケア用品で保湿をしていこう![DiNOMEN 薬用スカルプケア ボタニカル トリートメント]

夏とは異なり、秋は少しずつ「乾燥」が気になる始める季節です。そんなときに考えたいのが、「保湿」です。
今回は保湿を、「ヘアケア」の観点から解説していきます。

乾燥した頭皮では何が起きる?

頭皮が乾燥すると、さまざまなデメリットが起きます。まずはそれについて見ていきましょう。

1.フケが出やすくなる
頭皮が乾燥すると、頭皮の表面にある角質層が剥がれ落ちやすくなります。このため、きちんと保湿されているときに比べると、フケが格段に出やすくなります。大気に水分があるときはそれほど気になりませんが、水分が少なくなる冬の場合は、特にこの「乾燥によるフケ」が気になりやすくなります。

2.頭皮トラブルが起きやすくなる
「保湿のベール」は、頭皮を守るためのバリアのようなものです。これがない状態(あるいは少ない状態)だと、頭皮は外界からの刺激を「ダメージ」として受け止めやすくなります。そのため、頭皮トラブルが非常に起きやすくなります。たとえば、ニキビができたり、赤みが出てきたりしやすくなるのです。

3.臭いが出やすくなる
頭皮が乾燥すると、体は「もっと皮脂を分泌して頭皮を守らなければならない」と考え、皮脂の分泌を促します。上でも述べたように、「保湿されていない状態」は「肌トラブル(頭皮トラブル)が起きやすい状態」ですから、体は頭皮を守るために動き始めるわけです。
適度な量の皮脂は、肌や頭皮を守るために役立ちます。しかし過剰な皮脂の分泌は、それをエサとして増殖する常在菌の繁殖を許すことになります。
このため、不快な臭いが起きやすくなるのです。また、かゆみが出てきて落ち着かなくなることもあります。

このように、「乾燥」は頭皮にさまざまな悪影響を及ぼします。「乾燥」というと「肌(顔)のトラブル」を思い浮かべるかもしれませんが、頭皮もまた肌と同じように、乾燥の悪影響を受けるわけです。このような悩みから頭皮を守り健やかな頭皮環境を整えるためには、乾燥対策(保湿)を行っていくことが非常に重要です。

DiNOMENが打ち出す頭皮の保湿ケアについて

頭皮ケアは、女性にとっては当たり前の話です。しかし現在は男性向けにもたくさんの有用な商品が出ています。今回はそれらのなかからDiNOMENの商品を2つ取り上げたいと思います。

【薬用スカルプケアリンスインシャンプー】
医薬部外品に分類されるスカルプケアリンスインシャンプーです。1本でリンスまで済んでしまうため、時間をかけずにケアができるのが魅力です。数多くの保湿成分を配合していますが、「グリチルリチン酸ジカリウム」という甘草からとられた保湿成分を特に取り上げています。これには、保湿効果だけでなく、頭皮のフケやかゆみを防ぐ力も期待することができます。
また、ヒアルロン酸などの保湿成分も配合しています。ヒアルロン酸は肌に存在する成分としてよく知られているもので、高い保湿効果を示します。

【薬用スカルプケアボタニカルトリートメント】
これは、「薬用スカルプケアリンスインシャンプー」と合わせて使っていただきたい1本です。すでに紹介した「薬用スカルプケアリンスインシャンプー」と似た性質を持ち、健やかな頭皮を保つために役立ちます。こちらにもグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていて、ヒアルロン酸も配合されています。また、髪の毛にハリやコシを与えることのできるアルギニンというアミノ酸も配合されています。

秋は徐々に乾燥しやすくなっていく時期です。薬用スカルプケアリンスインシャンプーと薬用スカルプケアボタニカルトリートメントの2つを使って、頭皮を保護していきましょう。それによって、快適な頭皮を作ることができますし、フケなどの外見的な問題もクリアしていきやすくなります。

スカルプシャンプー

頭皮スッキリ!髪が潤う!頭皮と髪の5大トラブルを予防!

頭皮を清潔に保ち育毛環境を整える。頭皮から健康な髪へ。
フケ、かゆみを防ぎ、頭皮と髪を健やかに保ちます。

ボタニカル ヘア トリートメント

薬用ヘアトリートメントで5大頭髪トラブルを予防

天然由来のうるおい成分が髪と頭皮をしっかりと保湿し、乾燥を防ぎ、頭皮環境を整えます。
フケ、かゆみを防ぎ、頭皮と髪を健やかに保ちます。

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP