Columnコラム

肌がベタつく 肌が乾燥する 洗顔が男のスキンケアの基本【男性用洗顔DINOMENミネラルファンゴフェイスウォッシュ】

メンズスキンケアの基本 洗顔で肌を清潔に保つ基礎知識

スキンケアの知識が無い男性も毎日顔は洗いますが水で洗うだけの方もまだまだ多いと思います。「水でサッと洗っておけば問題なし」と思われている男性も肌に良い洗顔の基礎知識を知ることで「肌がベタつく」「肌が乾燥する」などの気になってはいたけれど放置していた肌トラブルの改善につながります。また肌を清潔に保つ事で見た目の好感度を上げる事にもなります。男性の顔が「テカっている」または「カサカサ荒れている」は女性の8割近くがマイナスイメージを持ってしまうというアンケート結果もあります。折角のチャンスも肌トラブルが原因で逃してしまう。そんな事が無いように、まずは洗顔で男磨きをはじめましょう。

男性の肌は女性の肌と比べ皮脂の分泌量が2倍といわれています。皮脂とは肌を保湿する役割を持っていますが過剰に分泌される事でテカリや毛穴詰まりなど肌荒れの原因にもなってしまいます。また外気の汚れや老廃物など肌に付着、蓄積されることで肌ダメージは大きくなってしまいます。適切な洗顔を行うことで肌を清潔に保つ基礎を整えます。質のよい洗顔とは、こまめに洗顔をしたら良いというわけではありません。顔の皮膚は皮脂と水分が適度に保たれてこそ整います。肌がベタつく為、一日に何度も洗顔をしてしまうと必要とする皮脂を取り除き過ぎてしまいます。結果、肌が乾燥から守るために余計に皮脂を分泌してさらにベタベタテカリ肌に陥ってしまいます。逆に皮脂の分泌量が少ない乾燥肌の方は皮脂と水分が肌から奪われ、さらに乾燥肌に陥ってしまいます。男性の正しい洗顔方法を知ることで肌を清潔に保ちましょう。

DiNOMEN洗顔

<洗顔の基礎知識>
・毎日朝夕2回の洗顔で肌を清潔に保つ
肌には適度な皮脂と水分を保つことが必要です。洗い過ぎで必要な皮脂や水分を不足させないようにしましょう。

・洗顔料を使う
洗顔料には様々な種類がありますが肌にやさしいものを選びます。清涼感の強いものやスクラブが強いものなどはその瞬間はさっぱりするかもしれませんが肌が弱い方には肌荒れの原因になることもあるので自分の肌質に合わせて洗顔を選びましょう。洗顔料はしっかり泡立てて使います。洗顔料の多くは泡の力で汚れを浮かす、吸着させて汚れを落とす事を目的としているので、泡立てず洗ってしまうと汚れも落ちにくくなってしまいます。

・ゴシゴシ洗いは厳禁 やさしく洗う
男性は力任せにゴシゴシ洗ってしまう事が多いので特に注意が必要です。ゴシゴシ洗いは肌にストレスを与えるだけで汚れも落ちにくく、洗顔しているのに肌荒れの原因にもなってしまいます。洗顔料をしっかり泡立て泡を置くように顔に乗せたら泡の弾力でやさしく丁寧に洗いましょう。洗顔は顔の中心から外側に向けて下から上に円を描くように洗います。額から鼻にかけてのTゾーンは特に皮脂の分泌が多い部分となるので丁寧に洗うことがポイントです。

・すすぎは洗顔料が残らないようにしっかりと
洗顔のすすぎが充分でないと洗顔料が肌に残り肌荒れの原因になってしまいます。洗顔料が残りやすい髪の生え際など洗い残しがないか確認しましょう。

・洗顔後のケアも大切
適切な洗顔を行ったのにタオルでゴシゴシ拭いてしまっては肌を痛めてしまいます。洗顔後はタオルで顔をやさしく抑えるように拭き取りましょう。その後も肌が清潔な状態で化粧水や保湿液での肌ケアをしましょう。

大人の男性の肌質に合わせた洗顔料ならDiNOMEN ミネラルファンゴウォッシュ
フランス産の天然の泥(ファンゴ)を3種類配合し余分な皮脂や汚れを高い吸着性、肌にやさしい弱酸性、高い保湿力で洗浄します。高保湿成分アセチルヒアルロン酸配合で洗い上がりの肌のつっぱり感を抑えて潤いのある肌に整えます。

 

DiNOMENミネラルファンゴウォッシュ

logo
http://dinomen.jp

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP