Columnコラム

混雑を避けてしっとり大人デート!関東エリアでおすすめの穴場初詣スポット3選 2019 [DiNOMEN LIFESTYLE]


年が明けたら、最初のデートを兼ねて初詣に出かけることを予定している方も多いと思います。ところが、神社やお寺はどこも大変な人だかり。正月から人混みにまみれイライラしてしまうようでは、せっかくのデートが台無しになるだけでなく、幸先良く一年のスタートを切ることができません。そこで今回は、極端な混雑を避けることができる関東エリアのおすすめ穴場初詣スポットを特集してご紹介します。

芝大神宮(東京都)

東京で最も初詣の参拝客が多いのが明治神宮。三が日だけでも319万人が訪れるといわれています。都内の中心部にありアクセスもしやすいのが魅力ですが、もみくちゃにされてしまうことは確実。一人や友人とともに出かけるならまだしも、デート向きとは言えません。

そこでおすすめなのが、芝大神宮(しばだいじんぐう)です。御鎮座(ごちんざ)は平安時代といわれる由緒正しい神社で、伊勢神宮の御祭神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ)の二柱を祀っています。

大晦日から1月1日にかけては夜通し参拝することが可能。ただし正午ぐらいから16時ごろまではある程度の人出がありますので、避けるのがベター。おすすめは2日以降の早朝です。

住所:東京都港区芝大門1-12-7
アクセス:都営大江戸線・浅草線大門駅から歩いて3分、JR浜松町駅からなら歩いて6分です。
HP:芝大神宮

大鳥神社(東京都)


大鳥神社(おおとりじんしゃ)は806年に創建されたという目黒区内にある最古の神社です。11月に開催される酉の市で知られています。決して規模は大きくありませんが、目黒通りと山手通りの交差点にありアクセスも良好なこともあり、地元の方を中心に相応に人出があります。

元旦に出かけることにこだわるなら、早朝5時ごろが狙い目でしょう。大晦日から早朝にかけて臨時ダイヤで電車が運行していますから、交通機関を利用する場合でも問題なく参拝できます。三が日に出かけるなら、夕方以降が比較的空いていておすすめです。

住所:東京都目黒区下目黒3-1-2
アクセス:JR目黒駅西口から歩いて7分です。
HP:大鳥神社

箱根神社(神奈川県)


神奈川県で最も初詣の参拝客が多いのが鶴岡八幡宮。およそ251万人と全国でもトップレベルです。混雑を避けつつ、雰囲気も味わうなら箱根神社はいかがでしょうか。2019年で鎮座1258年を迎える由緒正しい神社で、関東を代表するパワースポットともいわれます。開運厄除や安産祈願、良縁祈願などさまざまなご利益があるとされます。

三が日の参拝客は10万人と決して少なくはありませんが、時間帯によってはスムーズに参拝できます。元旦なら早朝3時から6時ごろまでから18時以降がおすすめ。なお、元旦のお札所の閉所時間は20時までなのでご注意ください(2日は19時30分、3日は19時)。

とくに早朝に出かける場合、箱根はかなりの寒さになりますので防寒対策もお忘れなく。180台の無料駐車場も完備されているので、車の利用がおすすめです。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
アクセス:JR/小田急線小田原駅から伊豆箱根バスで1時間。さらに元箱根を下車して歩くことおよそ10分。車の場合は、東名高速御殿場IC/沼津ICから30分ほどです。
HP:箱根神社

最後に

デートを兼ねて初詣に出かけるなら、楽しい時間を過ごすためにも混雑する有名スポットは避けたいもの。拝殿や賽銭箱に近づくことすらできないとなると、なんだか物足りなさも感じてしまいます。彼女が振袖を着用していようものなら、着付けや髪型が崩れる可能性も。

ご紹介した神社なら、参拝客はやや少なめですが屋台も出店するので相応に楽しみつつ、年明け早々から良い気分でスタートが切れるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

冬の乾燥しがちな肌をさらっと保湿

スキンインフィルトレーション モイスチャージェル

有効成分が男の肌をしっかり保護

植物エキスを配合した保湿ジェルがハリと潤いを導き、若々しく凛々しい男肌に整えます。

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP