Columnコラム

汗をかいた後の不快な臭い……気にしているのは周りの方かも?![DiNOMENフレグランスミスト]

「汗をかいた後の臭い」というのは、とても不快なものです。
しかしその「不快さ」は、実はあなたよりも周りの人の方が気にしているかもしれません。
徐々に暑くなっていくこの季節だからこそ、「汗対策」には気を付けておきたいものですね。

「汗の臭いが不快!」という人は男女ともにかなり多い

マイナビニュースが、2013年にとった「不快な臭い」に関するアンケートがあります。
これは、「もっとも嫌な臭いとはどのようなものですか?」ということを、男性350人、女性400人に聞いたものです。

女性と男性では少し順位が異なるのですが、男性の1位は「生ごみの臭い」女性の1位は「口臭」でした。2位は、男性は「口臭」女性は「生ごみの臭い」をあげており、この2つで全体の35~40パーセントをしめています。

ちなみに、3位は、男性は「煙草の臭い」、女性は「ワキの臭い」でした。男性の方が喫煙率が高いのにも関わらず、男性の方が煙草の臭いに厳しい、という結果が出ています。4位は、男性は「ワキの臭い」女性は「煙草の臭い」となっています。

そして、5位には「汗臭さ」がランクインしています。

「汗臭さ」は5位にしかなっていない、ということで、安心する人もいるかもしれません。しかし7パーセントから9パーセントの人が、「汗の臭いは不快だ」と答えているのも事実です。10人程度の人がいれば、そのなかの1人程度は、「汗の臭いがもっとも嫌だ」と感じているのです。

また、これは「最も嫌な臭い」についてのアンケートです。
そのため、「生ごみの臭いの方がより嫌だけれど、汗の臭いも不快だ」「口臭が一番許せないけれど、汗の臭いだって嫌なものだ」と考えている人は多いと推測されます。

やるべきことはまずは消臭

さて、このような不快な臭いに対処するためには、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか。

私たちは、「臭い対策」というと、ついつい「上から別の香りを付け加えて、それをごまかすこと」を考えてしまいます。
しかしこれでは、根本的な解決になりません。まずすべきなのは「消臭」です。

消臭効果のある成分は数多くあります。それぞれの会社、それぞれの商品が有力なものを打ち出していますが、「柿渋」は昔から有名です。加齢臭対策として石鹸などにもよく使われているこれは、消臭効果が非常に高いことで有名です。嫌な臭いを吸い取ってくれるのが柿渋の魅力であり、特徴です。しかもこれには、消臭効果だけでなく、殺菌効果も期待することができるのです。ノロウイルス対策としてすら使える、ということを聞くと、その効果がわかりやすいのではないでしょうか。

プラスアルファの効能も知っておきたい

さて、このように、柿渋の力で「消臭」ができたのであれば、その上から「香り」をまとわせることも有効になってきます。「消臭」がまずあって、それをなし得た後ならば、「新しく付け加える香り」が汗の香りとまじりあうこともありません。

男性ならば、華やかすぎる香りは避けた方が無難でしょう。もちろん華やかな香りをおしゃれにまとう男性もいますが、それはちょっと難易度が高いもの。一般的には、ナツメグやゼラニウム、サンダルウッドといった扱いやすい香りを選ぶ方がよいと思われます。

また、毎日使うものですから、さっと使えるものがいいですね。スプレータイプは扱いやすいのでおすすめです。
ルームフレグランスと衣料品で使い分ける、というのも一つの方法ですが、面倒に感じる人は、1本で両方できるタイプを選びましょう。

たとえば、「DiNOMEN フレグランスミスト」は、これらの特徴をすべて網羅しています。男性用のアイテムを打ち出しているブランドですから、心安く使えるのもうれしいポイントですね。

フレグランスミスト

ニオイを断ち切り、香りを纏う

■ニオイの気になる衣類や空間をリフレッシュします。
■シュッとひと噴きするだけで、嫌なニオイを消臭して爽やかな香りが持続します。
■消臭・除菌・帯電防止機能付き
■香り:さわやかなライムトコリアンダー、ナツメグなどのスパイスノートがラベンダー、ゼラニウムなどのハーブとミックスされたすっきりとナチュラルな香り。ラストノートはサンダルウッドとセダーウッドの落ち着きを感じさせる森林の香り。
■お出かけ前の衣類やスーツに。臭いが気になる食事やタバコの後に。1日来たスーツの臭い消臭に。お部屋にこもった気になる臭いを空間除菌。カーテン、ベット、ファブリックの臭いケアに。車の中の臭いケアに。様々なシーンで使える高機能衣類消臭スプレーです。

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP