Columnコラム

夏のベタつき肌対策は洗顔でケア! ポイントはどこにある?[DiNOMENミネラルファンゴフェイスウォッシュ]

夏の時期というのは、非常に肌がべたつくものです。
特に営業などで外回りをする人は、不快な「汗」と無関係ではいられません。
しかしこのべたつき肌や汗みどろの肌というのは、周りから見ていても不快なもの。
そこで重要になってくるのが、「洗顔」です。

夏の洗顔は「洗浄力+保湿力」が大切

夏の洗顔に欠かすことのできないものが、「洗浄力」と「保湿力」です。

こう聞くと、「この2つは対立するものじゃないの?」と思ってしまう人もいるかもしれません。洗浄力の強い洗顔剤を使った時の爽快感と、肌を潤してくれる「保湿」は、相対するもののように思えるからです。

しかし実はこの2つは両立します。

洗浄力の確かなもので毛穴を洗い上げ、その上から肌をしっかり保湿するという考え方は、女性用の洗顔剤でもよく見られるものです。
肌をきれいに洗い上げ、すっきりさせた後で、その肌をカバーするように保湿をしていけば、さまざまな肌トラブルを避けられます。

「泥洗顔」という選択肢

さて、世の中には数多くの洗顔剤があります。いろいろな会社が打ち出しているものであり、そのどれもがそれぞれの独自色を出していて、大変面白いと言えます。また、その商品の多くはたゆまぬ研究によって成り立っており、非常に優秀なものばかりです。

洗顔に使われる成分も、各社、各製品で異なります。
今回取り上げたいのは、「泥」です。

泥は、実は洗顔剤として古来より使われてきました。泥は毛穴に入り込み、そこにある汚れを吸収します。それを洗い流すことで、顔がさっぱりと洗いあがるのです。

ちなみに、「泥洗顔」というと、「茶色いもの」「どろっとしたもの」「固形」という印象を持つ人も多いかと思います。
しかし現在は、泡のなかにこの泥の成分をぎゅっと閉じ込めたものも出ています。

「洗顔剤」には保湿力も必要

「洗顔には洗浄力と保湿力が大切」としてきました。
ここからは「保湿力」の方について見ていきましょう。

美容外科などのなかにも、「保湿はもっとも重要なものだ」と唱える人がいます。保湿された肌は、外からのダメージを受けにくくなるという特徴があります。夏、ギラギラと輝く太陽は、多くの紫外線を出しています。この紫外線に対抗する手段の一つとなるのが、「保湿」なのです。

さて、保湿についてですが、これを可能にする成分はたくさんあります。ハリやツヤとも関わるコラーゲン、もっとも優秀な保湿成分だと専門家に太鼓判を押されるセラミド、それ以外にもヒアルロン酸などがあります。

ヒアルロン酸は、それ自体が非常に高い保湿力を持っています。
しかし現在では、「アセチルヒアルロン酸Na」と呼ばれるものも出てきています。
これは従来のヒアルロン酸よりも優れた保水力を持っており、その効力は従来型の2倍とも言われています。

これを使えば肌はしっとりと潤うでしょう。潤った肌は紫外線に強いだけでなく、洗い上がりの不快な「つっぱり感」もやわらげてくれます。また、潤った肌はいわゆる「粉吹き」の状態になりにくいので、外見的にも大きなプラスになります。

さて、この「泥」と「アセチルヒアルロン酸Na」ですが、これらは非常に優れた成分であるため、多くのところがこれを使った商品を開発しています。
そしてそのうちの1つに、「DiNOMENミネラルファンゴフェイスウォッシュ」があります。これは名称からも分かるように、男性に向けて開発された商品であり、パッケージもシンプルな作りになっています。

女性とは異なる男性の肌を洗い上げるために作られたものですから、これを使ってみるのもよいでしょう。ちなみに、同メーカーでは、より効率よく肌を洗える「フェイスクレンジングブラシ」も販売しています。

夏の男肌をサッパリと清潔に洗う人気の洗顔料


ミネラルファンゴ フェイスウォッシュ

天然ファンゴで毛穴の汚れもしっかり洗浄

フランス産、天然ミネラルが含まれたファンゴ(泥)を男性の肌にあわせて3種類配合し、
肌に負担をかけず爽やかな洗い上がりと清潔に洗浄する洗顔フォームです。
天然ファンゴが肌をなめらかに洗浄し高い汚れ吸着性で汚れを落とし肌を清潔に保ちます。
細菌や汚れを取り除くファンゴ(泥)パック効果があります。

毛穴汚れもスッキリ洗浄!話題の電動回転洗顔ブラシ


フェイスクレンジングブラシ

毛穴の奥まで徹底洗顔

肌に合わせた専用ブラシ2タイプと2種類の回転スピードで
毛穴の奥までしっかりクレンジング

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP