Columnコラム

体臭対策をしても臭いがとれない!ひょっとしたら衣類臭いが原因かも?[DiNOMEN フレグランスミスト]

現在、若年層を中心として、男性の間でもスキンケアや頭皮ケアに関する意識が高まっています。
特に「臭い」には敏感で、制汗剤を使うなど、多くの人がさまざまな対策をしています。

これは大変すばらしいことです。「臭いのエチケット」にきちんと気を配る男性は、異性・同性を問わず、好感を持って受け入れられます。
ただ、自分自身の体の臭い対策をしていても、それでも臭いがとれていないように感じる、という人もいるはず。
そんな場合はどうしたらよいのでしょうか?

プラス一歩、のケアを!衣類についても考えよう

「自分の臭いが気になるから、消臭のための石けんを使っている」
「体を清潔に保ち、臭いの発生を抑えている」
「適宜制汗剤を使って対処をしている」

このような人も多いのではないでしょうか。

これはたしかにとても素晴らしく、また意味のあることです。
ただ、それでも「やはりどこか臭いがある」と感じる人もいます。自分の「体」の臭いを押さえているからこそ、逆に、「それ以外の臭いがあること」に気づいてしまうわけです。

「体の臭い」を気にしているのにやっぱり臭いがある、ということになるのであれば、それは「衣類の臭い」なのかもしれません。

男性は女性に比べてスーツを着ることが多いと言えます。しかしスーツは、そう簡単にクリーニングに出せるものではありません。
特に忙しい人だと、「クリーニングに出したいけれど、クリーニング店が開いている時間には家に帰れない」という人も多いのではないでしょうか。
手持ちのスーツを交互に着る、というのも一つの対策にはなりますが、やはりこれの手入れもしたいものです。

そんなときに役に立つのが、「衣類用の消臭剤」です。

男性の衣類用の消臭剤は、まずは「消臭効果」が第一です

男性の衣類用の消臭剤を選ぶポイントは、まずは、「消臭効果が強いものを選ぶこと」です。
香水などに代表されるように、「プラスアルファを加える香り」は、きちんと消臭ができていてこそ意味があります。

現在、消臭効果のある成分は多数出ています。そのなかでも、男性の消臭剤やお手入れグッズによく使われているのが「カキタンニン(柿タンニン)」です。これは柿を原材料としているものであり、非常に強い消臭効果を誇ります。

植物由来の成分であるため、安全性も高く、直接肌につける「石けん」などにもよく使われています。
これには、消臭効果だけでなく、殺菌効果もあるので「臭いを予防すること」にも役立ちます。

香りを付加するのならば「自然さ」を重要視して

「衣類用の消臭剤」を使う男性は、その多くが20代以上なのではないでしょうか。
そしてその多くの人が、「社会人」として会社で働いているはずです。

このようなビジネスの場で使う衣類用の消臭剤は、「強すぎる香り」を持つものは不適当です。現在は消臭剤とフレグランスが一体化したものもありますが、男性の場合は、特に「ナチュラルな香り」を意識する方がよいでしょう。植物性の香りを選ぶのが基本ですが、そのうえに、スパイス系の香りを付け加えるのも悪くありません。

このように、「男性用の衣類用の消臭剤」はさまざまな会社が打ち出しています。
DiNOMENの打ち出す「フレグランスミスト」は、上で挙げた特徴すべてを満たすものです。
またこのフレグランスミストは、衣類だけでなく、空間の消臭剤としても利用することができます。

もちろん、香りには好き嫌いはあります。
「どんな衣類用の消臭剤を選べばいいのだろうか」と悩んでいる人は、一度、「男性用に」と開発されたDiNOMENフレグランスミストを試してみてもよいのではないでしょうか。

フレグランスミスト

ニオイを断ち切り、香りを纏う

■ニオイの気になる衣類や空間をリフレッシュします。
■シュッとひと噴きするだけで、嫌なニオイを消臭して爽やかな香りが持続します。
■消臭・除菌・帯電防止機能付き
■香り:さわやかなライムとコリアンダー、ナツメグなどのスパイスノートがラベンダー、ゼラニウムなどのハーブとミックスされたすっきりとナチュラルな香り。ラストノートはサンダルウッドとセダーウッドの落ち着きを感じさせる森林の香り。
■お出かけ前の衣類やスーツに。臭いが気になる食事やタバコの後に。1日来たスーツの臭い消臭に。お部屋にこもった気になる臭いを空間除菌。カーテン、ベット、ファブリックの臭いケアに。車の中の臭いケアに。様々なシーンで使える高機能衣類消臭スプレーです。

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP