Columnコラム

ビジネスシーンのパフォーマンスを改善!夏の印象を左右する知っておきたいメンズファッションのポイントとは?[DiNOMEN LIFE STYLE]

記録的な暑さを記録している今年の夏。ついついビジネススタイルが安易なものになってしまっていませんか?周囲が暑さに音を上げているときこそ、存在感を示すチャンス。快適さをキープしながら、手抜き感のないおしゃれで、ビジネスシーンを颯爽と乗り切りたいものです。そこで今回は、暑い夏をクールに生き抜くコツを伝授。夏のメンズビジネスファッションにおすすめの素材や、着こなしのポイントについて解説します。

そのクールビス、ぜんぜん“クール”じゃないかも!?


世間では「クールビズ」という言葉がずいぶんと浸透してきました。ノーネクタイやノージャケットは大いに結構なのですが、ただネクタイをしないこと、ジャケットを着ないことを「クールビズ」だと勘違いしている人が少なくありません。

ノーネクタイやノージャケットのスタイルは、トップとボトムがそれぞれ一枚ずつという、驚くほどシンプルなスタイルです。つまり、ネクタイをしない場合は、より洗練された着こなしが求められるし、ジャケットを着ない場合は、より体にフィットしたサイズ感のシャツであることが欠かせないということを理解しておく必要があります。クールビズにふさわしいアイテム選びがまずは重要です。

インナーはグレーorベージュのVネックの一択

例えば気をつけたいのが、インナーの扱い方。ボタンを開けたシャツの襟元から真っ白いクルーネックのTシャツをチラ見せしている人を多く見かけますが、女子のあいだでは、インナーが見えるのを良しとしない意見が少なくありません。さらに、シャツの下にインナーが透けて見えるのを不愉快に感じている女子も多数。とはいえ、シャツの下にインナーを着るのはマスト。インナーなしで乳首を透けさせるのは一番やってはいけないことと考えられているようです。

そこで、インナーとしておすすめなのが、グレーもしくはベージュのVネックです。どちらも首元から見えることがないし、シャツに響きにくい色とされています。インナーを着ているのに着ていることを感じさせないことは、夏のメンズビジネスファッションにとって最重要ルールの一つといえるでしょう。

夏の機能素材を積極的に取り入れる


夏の気候に適した機能素材を取り入れるのもおすすめです。例えばインナーなら、吸水性・速乾性に優れたものや、脇にメッシュ構造を取り入れたもの、涼感を得られる素材のものなどは案外あなどれません。シャツの下に仕込むことでムレやベタつきが軽減されるから、「着といてよかった」と思えることがきっとあるはずです。

また、綿素材の5倍の速さで汗を吸収し蒸散させてしまうという「クールマックス」素材のシャツもおすすめ。体温を下げる効果が期待できるため、快適な着心地をキープしてくれます。

シャツのカラー選びも重要です。白いシャツ×ネイビーのパンツだと、トップスとボトムのコントラストが強すぎて、バランスが悪く見えてしまうリスクがあります。ブルーのパンツにライトブルーのシャツをあわせるという具合に、清涼感のあるコーデを楽しんでみてください。

ジャケット&パンツはシワになりにくいものを


夏でもジャケットを着用しなければならない人は、シワになりにくい素材のものをチョイスするのがよいでしょう。ジャケットやパンツにシワが入っていると、暑苦しさと不潔な印象を助長してしまいます。やはり軽さや吸水速乾性など、夏に最適な機能を備えたクールマックス素材などがおすすめです。水洗いすると、生地感が目に見えてすっきりするので、ウォッシャブルなものだとさらに理想的です。

また、パンツの裾はアンクル丈のものを選ぶのがおすすめ。職種や業種次第なところもありますが、できれば靴下は革靴から見えないシークレットソックスがよいでしょう。

最後に

最新のテクノロジーを駆使したアイテムを使用し、仮に体感温度が1度下がるとすれば、高いパフォーマンスを発揮できるはずです。素材やサイズ感にいつもよりも注意を払いながら、夏ならではのシンプルなビジネスファッションを自分らしく楽しんでください。

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP