Columnコラム

男性だって悩んでいる!肌の悩みにアプローチする洗顔料って?[DiNOMENミネラルファンゴフェイスウォッシュ]


「肌荒れは女性だけの悩み」
「スキンケアを考えるなんて女々しいこと」
などと思われていた時代はもう遠い昔です。
現在は男性のなかにも、自分自身の肌に強い関心を持ち、肌トラブルを解消したいと考える人が増えています。
ここでは特に、20代~30代の男性の肌の悩みに着目し、それを解消する方法を見ていきましょう。

全体の40パーセント以上が肌などの手入れに興味を持っている

リサーチバンクが2012年に1149人の男性を対象としてとったアンケートによれば、40パーセント以上の男性が「身だしなみに興味を持っている」と答えています。「どちらでもない」という層や「興味がない」という層をおさえて堂々の1位でした。

また、「肌に悩みがあるので、なんらかのお手入れをしている」と答えた人は、62.8パーセントとなっています。清潔感が保てるようになること、肌の悩みがよくなること、若く見えるようになることが、その目的の上位理由でした。

みんなはこんなことに悩んでいる


10代から30代を対象としてとったアンケートであるからか、「肌の悩み」の1位になっているのは、「べたつきや油っぽさ」でした。
2位には「ニキビなどの肌トラブル」、3位は「特に悩みはない」となっていますが、4位は「かみそり負け」、5位は「毛穴の黒ずみ」となっています。
そして6位にくるのが「乾燥」です。

男性用の洗顔剤を使おう

「油っぽさ」に悩んでいる人は、まずは洗顔剤の見直しから行いましょう。
現在はさまざまな洗顔剤が出ており、男性のスキンケアに特化したものも多く出ています。

すべての商品がそうである、とは言い切れませんが、一般的に、女性用の洗顔剤に比べて男性用の洗顔剤は洗浄力が強いのが特徴です。油っぽい肌やべたついた肌をクリアに洗ってくれるでしょう。

ただし、それだけでは逆効果になってしまうこともあります。油というのは、べたつきを齎すものである一方、肌の保護材でもあります。これがまったくない状態になってしまうと肌はトラブルを起こしやすくなってしまいますし、皮脂の余計な分泌を促す、という見方もあります。そのため、保湿成分が配合されているものを選ぶことも必要です。
また、余分な皮脂をおとし、かつきちんと保湿をしてやることで、ニキビなどはできにくくなります。過剰な皮脂も乾燥も、両方ともニキビのリスクとなりうるものだからです。

この「洗浄力の高さ」と「しっかり保湿ができること」を兼ね備えた洗顔剤を選ぶことは、男性の肌トラブルを防ぐうえで非常に大切なのです。

泥を使った洗顔も人気

「泥洗顔」は、昔からよく取り上げられている方法です。聞きなじみのない人だと、「逆に汚れてしまうのでは?」と思ってしまうかもしれません。

しかし泥は、効率よく毛穴に入り込みます。毛穴に入り込んだ泥の成分は、汚れをしっかりとくっつけます。泥を使った洗顔剤を使った後、顔の汚れがしっかりとれるのはこのためです。さらに、泥に入っているミネラルの恩恵を受けることもできます。ミネラルは優れた保湿性を示し、顔を守ってくれるでしょう。
ただ、洗いすぎは良くありません。1日に1~2回の使用にとどめましょう。また、商品説明に「○回まで」とあればそれに従います。

泥を使った洗顔剤にはさまざまな種類がありますが、「DiNOMENミネラルファンゴウォッシュ」などもおすすめです。男性用に作られた泥の洗顔剤であり、余っている皮脂の除去と保湿の両方の力を兼ね備えています。ちなみにこの商品は、フランスの泥を使っています。スパリゾートでも利用されている泥で日本人の肌に合いやすいように日本国内で調合してあるため、初めての人でも安心です。

男性のうちの56.5パーセントが、きちんとした洗顔剤を使って肌をケアしています。
あなたも泥洗顔デビューをしてはいかがでしょうか。

男の肌を清潔に保つオススメアイテム


ミネラルファンゴ フェイスウォッシュ

天然ファンゴで毛穴の汚れもしっかり洗浄

DiNOMEN ミネラルファンゴ フェイスウォッシュ130g
(天然ミネラルファンゴ配合の洗顔料)

フランス産、天然ミネラルが含まれたファンゴ(泥)を男性の肌にあわせて3種類配合し、
肌に負担をかけず爽やかな洗い上がりと清潔に洗浄する洗顔フォームです。
サ天然ファンゴが肌をなめらかに洗浄し高い汚れ吸着性で汚れを落とし肌を清潔に保ちます。

細菌や汚れを取り除くファンゴ(泥)パック効果があります。

フェイスクレンジングブラシ

肌の汚れ、余分な皮脂、毛穴汚れも徹底洗浄

DiNOMEN フェイスクレンジングブラシ
(電動回転洗顔ブラシ)

毛穴の奥の汚れや余分な皮脂をさっぱりと洗浄する電動回転洗顔ブラシ。
肌に合わせた専用ブラシ2タイプと2種類の回転スピードで
毛穴の奥までしっかりクレンジング

カテゴリー

最近のコラム

PAGE TOP